初節句のお祝は何が喜ばれるの?お祝い金の相場はいくらなの?贈る側のマナーとは?

公開日: : 初節句

yjimageO0DXALY5
hina1
生まれてきた赤ちゃんが初めて迎える節句を初節句といいます。

男の子は5月5日の端午の節句。

女の子は3月3日の桃の節句になりますね。

赤ちゃんの生まれた誕生日によっては、初節句が生まれてひと月や3か月以内といった、誕生してまだしというような場合も大いにありうるでしょう。

そんな場合は両家で話し合って、お母さんの体調も安定している翌年にお祝いを持ち越しにしてもかまいません。

そのほうが落ち着いて、家族みんなで楽しくお祝いの日を楽しめるのではないでしょうか。

では気になるお祝いの品物ですが、いったい何が喜ばれるものなのでしょうか。

まず祖父母からのお祝いになりますが、母方の祖父母から男の子には5月人形などの飾り物を。女の子には雛人形などの飾り物を贈る一般的といわれています。

しかし、住宅事情によっては、飾りたくてもマンションのベランダで鯉のぼりを飾ることは出来ない、現実的に大きな兜飾りや雛人形を飾るスペースや収納するスペースがない、などの事情があるかもしれません。住宅事情を考慮して、若い夫婦の負担にならないような配慮が一番なのではないでしょうか。

その地域ならではの習慣もあるでしょうから、ご主人の意向や夫婦の意向を第一に、祖父母としての自分たちの常識だけで若い夫婦にお祝いの押しつけになるようなことだけはならないよう、したいですね。

せっかくのお祝いですものね。赤ちゃんの健やかな成長を願って、初節句をお祝いしましょう。

男の子の初節句人気お祝いの品

五月人形yjimage
女の子初節句人気お祝いの品

yjimage6S5KKG61
 

 

気になるお祝い金の相場をお伝えしておきますね。

いくら包めばいいのかわからない時って、一般的な相場に準じるのが無難で良いでしょう。

贈り主

相場の金額

祖父母 5万~30万円
兄弟・親戚 5,000~1万円
友人・同僚 3,000~5,000円

ずいぶんと祖父母の相場の金額に差があるのは、やはり母方の祖父母が初節句のお祝いの品を

贈る習慣があることからきています。

 

初節句のお祝いを現金で贈る場合には
以下のような祝儀袋を選びます
のし     ⇒ あり
水引の色   ⇒ 紅白
水引の結び方 ⇒ 蝶結び
祝儀袋ですが、1万円程度なら「のし」と
「水引」が印刷されたものでいいでしょう。

それ以上なら、本物の水引がついた
祝儀袋を選びましょう。

最近は包む金額の目安が明記してある祝儀袋が
多いので、それを目安に選ぶといいですよ。

表書きですが「御祝」、「初節句御祝」は
桃の節句、端午の節句のどちらでも
使用できます。

初節句のお祝いを贈る日

自分が縁起を気にしなくとも、お祝いごとなので、
お日柄の良い日を選んで届けましょう。

下記を参考にして下さいね。

大安⇒一日中なにをするにも良い日
友引⇒午前、午後ともに「吉」、しかし正午のみ凶
先勝⇒午前中のみ吉
先負⇒午後が大吉

◆どうしても、お日柄の良い日に行けない場合
お祝いを渡すときに
「お日柄が良い日に封を開けて下さいね」と
一言付け加えて渡してください。

子どもは宝です。健やかな成長を願って、お節句をお祝いする気持ちを大切にしましょうね。

Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑