初正月ってなに?何を贈ってお祝いするといいの?飾る時期としまう時期はいつごろなの?

公開日: : 初正月

p7413-02
 

赤ちゃんと初めて迎えるお正月は『初正月』といいます。

一般的に、母方の祖父母から、男の子には邪気から守る破魔弓を。女の子には羽子板を贈るのが習わしといわれますが、要はお祝いする気持ちが一番大事なのですから、両家の話し合いで折半しても良いのではないかとも思われます。

破魔弓の意味とは

破魔弓は読んで字のごとく、魔よけ、厄払いのお守りです。

男の子の元気な成長を願いお正月の縁起の祝い物となっています。

また神社の破魔弓や、棟上げの際屋根に立てる破魔弓も弓矢のもつ魔除けの力を信じることから生まれた習慣です。

羽子板の意味とは

女の赤ちゃんの無病息災のお守りの意味を持っています。羽子板でつく羽の玉、

あの黒くて堅い玉は“むくろじ”という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書きます。

「子供が患わない」という意味が込められています。

また双子の場合で、例えば、どちらも男の子であった場合でも、それぞれのお子さんに、破魔弓を贈る方が多いかと思われます

またどちらも女の子であった場合でも、それぞれのお子さんに羽子板を贈る方が多いかとも思われます。

飾り付けの時期

いつから、いつまで飾り付けをするのかですが、

12月13日の正月はじめを過ぎた中旬以降から飾ります。

下げる時期は、お正月飾りを焼くどんと焼きが行われる1月15日ころが一般的です。

ただ、これを過ぎてもマナー違反ではありません。

また飾る場所ですが、現代の住宅事情では床の間はめったにないでしょうから、あれば子供部屋に、またはリビングルームのインテリアとして飾ると良いのではないでしょうか。

両家の祖父母を交えて、無事に初正月を迎えることが出来たお子様の健やかな成長をお祝いする気持ちを大事にしたいですね。

Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑