森口瑤子美しすぎる49歳!気になるプロフィールと夫はどんな人?子どもはいるの?

公開日: : 森口瑤子

o015001501261706011127
魅惑的にプラスして、インテリジェンスがある役をもこなすイメージのある森口瑤子さんは、

美しい善人の女性だけではなく、魔性の女役も申し分なく演技します。

間もなく50代になるのに驚異の美貌で、世の男性陣を魅了し続ける森口瑤子さんをご紹介します。

生年月日:1966年8月5日

出身地:東京都日野市

出身校:共立女子短期大学文科

旧芸名は灘陽子で、現在は松竹エンタテインメントに所属されています。

プライベートでは、1988年に脚本家の坂元裕二氏と結婚し、2002年に女児を出産されています。

これほど美人なおかあさんだと、娘さんも学校で自慢のお母さんでしょうね。

NHKの『新日曜美術館』の司会も務めていた女優の森口瑤子ですが、1983年にミス松竹に選出され、映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』でデビューしました。

当時のミス松竹は注目の的です。

『やまとなでしこ』『汚れた舌』『八日目の蝉』など、テレビや映画と数多くの作品に出演しています。

天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課の第7話で「魔性の毒婦」と呼ばれる美女で、津島まどか役を演じています。

森口瑤子が出演されている人気のシリーズ テレビ朝日系には、面白い犯人役で時効警察に出演し、 2004年から放送されている大人気シリーズで、2時間ドラマ『土曜ワイド劇場』の「温泉(秘)大作戦17」は放送されたばかりですね。毎回必ず見ている人も多いのではないでしょうか。森口は経営のスペシャリスト、星野さつき役を熱演されています。

全国至る所の廃業に追い込まれそうな旅館を訪れて、立て直しのためにコンサルティングをするのですが、なぜか殺人事件が起きてしまうという、いつもの展開。

ファイナンシャルプランナーの資格を持った旅館コンサルタントで、美人。

現実にはなかなか才色兼備な人なんて存在しないでしょうが、森口瑤子のような美貌の女将さんがいる温泉旅館が本当に有るのなら是非とも訪ねたいですね。

何でもできるパーフェクトな役柄がぴったりですね。

またWELLAの白髪染めのCMは森口瑤子さんの魅力を最大限に引き出していますよね。

t02200163_0480035611525234342
エレガントでとても美人の森口瑤子さんですが以外な趣味が、なんとドラクエのレベル上げと地味な趣味なんです。

一人っ子として生まれ、小学校中学年から父親の晩酌の付き合いを させられていたそうです、ってことは森口瑤子さんは酒豪なのでしょうか?

女優歴の長い森口瑤子さん、デビューは1983年の『男はつらいよ口笛を吹く寅次郎』の諏訪衿子役、その後も数々のドラマに出演 プライベートでは1988年に結婚、

その相手は坂元裕二さん。

TKY200804090325
坂元裕二さんは脚本家・作詞家をしており、あの社会現象まで巻き起こした大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』の脚本を担当した人でもあります!

作詞提供した大物アーティストも多く、TMN、小室哲哉、織田裕二、松たか子、 Le Coupleなど、この大物達に作詞を提供する作詞家としても活動しています。

坂元裕二さんと結婚後には1女をもうけています。

家族3人で仲良く日々を過ごしていらっしゃるのでしょうね!

女優として演技の評判も高く美人で外見も若いと評判の森口瑤子さん、これからも美貌を保ちつつ、いろんな役に今後も挑戦していってもらいた いですね! これからのご活躍にも注目して行きたいと思います!

Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑