亀梨和也と土屋太鳳主演で「PとJK」年の差婚カップルに!太鳳ちゃんへの女性たちの嫉妬がとまらないことに~!!

公開日: : 亀梨和也 土屋太鳳

news_xlarge_ptojk_201605_2
5月1日の東京ドーム公演をもって、KAT-TUNとして充電期間に入った亀梨和也さん。

映画「PとJK」のお仕事がソロ活動としての、単独始動となるようですね♪

それにしてもスポーツ紙の見出しにはビックリしました!

まるで2人が結婚するかのような(したかのような?)見出しですよね(*^_^*)

ChzSr00UUAANzxQChzSr3PUUAAQDbxo0480037713639380191
では、「PとJK」の映画のあらすじをご紹介しましょう!

友達の姉が企画した合コンに人数合わせで駆り出され、年齢と身分を偽って参加した、高校1年生の歌子。

そこで出会った功太といい雰囲気になるが、歌子が高校生だと分かると、途端に態度を急変させ去っていった。

後日、歌子は警察官の制服姿の功太と再会するが、功太は歌子を冷たくあしらう。

親友に傷心を慰めてもらい、帰りが遅くなった歌子は、変質者に襲われかけ、仕事中の功太に助けられる。

完全に功太に恋に落ちてしまった歌子は、積極的にアタックし、やがてその思いが通じるが、

仕事柄、未成年との交際に問題が生じるため、2人は結婚することになる。
(ウイキペディアより)
亀梨さん、ただでさえ超絶的にかっこいいのに、警察官の制服姿なんて…もう期待感しかありません!!

土屋太鳳さんは美少女だし、どんな女子高生に演じるのか楽しみですね♪

土屋太鳳さんは落ち着いたイメージを持ってるんですけど、今回の映画は年の差婚になる設定だから、キャピキャピした感じの女子高生よりも

土屋さんみたいな風がいいのかな。

どんな仕上がりになるのか楽しみですね。

映画「PとJK」の原作者の三次マキさんが、映画化に興奮を隠しきれない様子のコメントを寄せています!

原作者三次マキさんのコメント

映画化のお話をいただき、漫画家としてたいへん嬉しく思っています。

亀梨さんと土屋さんという、とても豪華なキャスティングで、夢でも見ているような気分です。

そして、私事ですが、うちの娘は生後4ヶ月の頃から亀梨さんがTVに映ると泣き止むという『生粋の亀梨ファン』なので、母としても嬉しいです。

娘と一緒に完成した映画を観るのを楽しみにしています。

娘さんがファンと語っていらっしゃいますが、作者の三次さんご自身が根っからの亀梨さんファンなんだろうなあということがわかりますね♪

娘さんと一緒に撮影現場へ行ったりするのかもしれませんね♪

役得だなあ~。

映画化の監督である、廣木隆一監督のコメント。

少女コミックは映画の一つのジャンルとして確立されたように思う。

その中で埋もれないような作品にしたいと思うし、主人公の二人の演技にも興味があり、

観客の心に響く作品にしたいと思います。
廣木監督は旬の女優さんを起用した話題の恋愛映画を制作されていますね!

 

廣木監督の最近の作品
夏美のホタル

2016年6月11日公開予定
オオカミ少女と黒王子

2016年5月28日公開予定

ストロボ・エッジ

2015年公開
「PとJK」は6月にクランクイン、7月にクランクアップ予定。2017年春に全国で公開されます!

胸がキュンキュンする面白い映画になるのは間違いありませんね!来年を楽しみに待ちたいです!!

Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
PAGE TOP ↑